単身引っ越しで業者を頼まない引っ越しの仕方

引越し業者のアドバイス

引っ越し場所が近い、引越しを手伝ってくれる人がいる。そんな場合は、業者に頼まないで自分でやってしまうというやり方があります。

利点はやはり安さですね。引っ越しするために必要なものを考えてみましょう。

① ダンボール
② 軽トラ
③ 手伝ってくれる人
④台車(1階なら入りませんが、エレベーターなど使うなら便利です。)

基本的にはこのぐらいですね。兄弟が多い、友達が多い場合、引越しの手伝いを頼んでみましょう。私の場合は知人にお願いしました。また、1階だったので、台車もいりませんでした。

【荷造りは自分でする】

引越しの時のダンボール

ダンボールは、スーパーなどで、貰ってきます。無料で貰えますから、大きさなど見て、自分で貰いに行きましょう。

ダンボールに荷物を詰めます。種類別に入れて下さい。ダンボールの外側にマジックで何を入れたか書いて置くと良いです。

『食器 ワレモノ』と記載しとけば、手伝ってくれる人も、中身が分かって運びやすいです。
ダンボールは、運び出しやすいように、まとめておきましょう。

【軽トラの予約】

引っ越しの日が決まったら、すぐに、レンタカーなどに軽トラを借りる予約を入れましょう。3月や4月は引っ越しが多いので、軽トラもあまり無いかも知れませんから、早めの予約が必要です。

自家用車があるなら、細かいものは自家用車で運びます。洗濯機、冷蔵庫、タンスなどでかいのは、軽トラの後ろに毛布などを敷いて載せます。

もちろん、しっかり倒れたりしないように、ロープなどで縛って下さい。もし、雨になってしまったら、ブルーシートで覆いましょう。地下ばの引っ越しなので、ブルーシートで防げます。

レンタカー代は、業者により違います。知り合いが軽トラあるなら借りちゃいましょう。

【無駄なものはこの際捨てるかリサイクル】

荷物はなるべく少なくするため、要らない物は捨てましょう。また、リサイクル店に売れそうな物は売ると良いですね。

必要最低限の荷物だけなら、いがいに簡単に引っ越し出来ちゃいますよ。粗大ゴミなどは、市のゴミ焼却センターで扱ってるものなら、持っていって引き取って貰いましょう。

洗濯機やTVは業者じゃないと、引き取ってくれないので気をつけましょう。

【荷物を全部運び終わったら】

隣や上階の人には、挨拶をして引き上げましょう。電気、ガス、水道みんな業者に頼んで止めて貰うためには、事前に引っ越しの日を通達して、その日には、全部止めた状態で引越しましょう。

不動産屋に鍵を返して、これで終わりになります。新しい部屋に引っ越して、手伝ってくれた人にお礼を言いましょう。引っ越しが落ち着いたら、何かお礼をしましょう。

うちの場合は、ご馳走を作って改て招待しました。

《まとめ》

【引っ越しにかかった費用】

1 軽トラのレンタル代
2 粗大ゴミ代

2万かかりませんでした。個人差もありますが、近距離で手伝ってくれる人がいるなら、かなりお安く引っ越しが出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です