引越しリストで効果的に作業を進める

引越しリストの作り方

引越しリストを作成している

引越しは決められた日数内で多くのことをこなさなければなりません。
それを考えているだけでも、頭がパニックになってしまうかもしれません。

頭の中を整理して、効果的に引っ越し作業を進めるためにも、まずは引越しリストを作ると良いでしょう。
まずは引越しに関係することを、次々と書き出していきます。

次にそれらを整理していくことが必要です。
手帳やカレンダー式で、時系列で書くとわかりやすいです。

引越し費用もその際には必ずいれていく事が大切です。

引越しの費用は適度に確認しなくてはいけません。

例えば引越しの日にちが一カ月後であればその日が引越しの繁忙期なのかどうかを調べるのも重要です。

繁忙期は引越し費用が上昇するからです。

具体的には1月~3月は引越し費用が閑散期の3倍くらいになる期間です。

予定が決まっているものは先にそれを書き込みます。
次に優先順位の高いものから順番に書き込んでいきます。

引越しリストを作る時は、必ず予備日を設けるようにしましょう。
予定を組んでも必ずしも予定通りにはいかないことが多いものです。

ある程度ゆとりを持って予定を組んでおいたほうが、予定の変更もしやすくなります。
引越し前に必ずやらなければいけないことを優先して行うようにします。

引越しはさまざまな転居連絡や手続きが必要になります。
それらも忘れずに行うようにしましょう。

できれば引越し期間の中に、中休みのような休養日を入れるようにしたいものです。
引越し作業は慣れないことが多いので、普段の何倍も心身の疲労が大きくなってしまいます。

休養日は心身を休めてリラックスさせることが必要です。
途中でしっかりと心身を休めることで、心身が充電されて、体力やモチベーションが高まってきます。

引越しの作業効率を高めるためにも、疲れた心身でダラダラ行うよりも、しっかり休息を取って行うようにしたいものです。

転居先でも引越し作業を行う事が重要

転居先の引越しのイメージ

引越し作業は転居先に行っても続きます。
中には転居してからかなり経つのに、荷物はそのままということもあります。

新生活に慣れることが最優先されるので、荷物の片付けは後回しになってしまうのかもしれません。
しかし、疲れた心身で帰宅しても、家の中が乱雑な状態ではゆっくりと休むことができなくなってしまいます。

転居先に着いたら最初に荷物の片付けを行い、新生活を気持ち良くスタートさせられるように引越しの予定を組むようにしたいものです。
タイムリミットが決まっていない作業は、ついつい後回しにしてしまいがちです。

しかし、後になればなるほどやる気は落ちて行きます。
あらかじめ引っ越し後の荷物の片付けを行うための予定を先に組んでおくことで、やらなければという余計なストレスを抱えずに済むようになります。

必要な時間は湧いてくるものではなく、自分で作っていくものです。
引越しリストを上手く活用して、無駄な作業時間を減らし、ストレスの少ない引越しを行っていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です