引っ越し費用を激安にする3つのテクニック

引越しで悩む女性

引っ越しをするとなると費用がどうしてもかかりますよね。この費用を激安にするやり方があります。

普通は依頼する引っ越し業者に見積もりを取ってもらいますよね。荷物の量や引越し先の距離など、業者によりかなり差があります。

⑴【見積もりを一括でしてくれるサイトを使う】

現在、大手企業の見積もりを一括でわかる業者がいくつかあります。ネットに必要事項を書き込み、一括見積もりを頼みます。

すると提携している引っ越し業者の見積もりが、いっぺんにわかります。その中で1番安い業者に頼めば良いのです。

この一括見積もりをして業者を決めると、最大で55%offになる業者もあります。他に最大6万円プレゼントなど、見積もり業者により、さまざまなお得なプランがあります。業者に見積もりをかけたら引越しでやることをまとめていきましょう。

引越しでやることは以下の事が重要です。

引越し業者を決める

ライフライン(電気、水道、ガスなどの移転)

公共の施設への移転報告(マイナンバー、年金手帳の移動など、小学校や中学校の転校手続き)

プロバイダー手続きなど

引越しやることリスト。引越しの手続きに必要な事

インターネットで簡単に一括見積もりが出来ます。是非オススメしたいやり方です。引越し費用と見積もりを安くする事が出来ます。

⑵【地域に強い引っ越し業者を選ぶ】

引っ越しセンターには、得意とする分野が存在します。例えば、関東圏内を得意にしてる業者。または、単身引っ越しを得意としてる業者と言った感じです。

引っ越し業者が、自社のアピールで、どんな事を得意としてるか記載されてますので、それを参考にして、業者を決めると安く引っ越し出来ます。

⑶【忙しい時期や時間をはずす】

引っ越しには、繁盛期や人気のある時間帯が存在します。人があまり引っ越しをしない時期には、引っ越し業者も割引などの特典をつけたりしています。

こういった繁忙期なども引越しのやることとして重要なことです。

<引っ越しが多い月、時間帯>

3月4月は、学校などが始まる時期ですので、やはり繁忙期になっています。また、10月も転勤があるので引越しが増えます。

また、月初めと月末、土日に頼む人が多いです。時間帯は午前中ですね。大安、友引も多いです。

*つまり、この時期や時間帯をはずす事で、安く引っ越しが出来るわけです。土日などは、逆に引っ越し料金が上がる場合もあります。

この辺りを業者と話し合い、割引き交渉をしてみると良いでしょう。

引越し業者を決めるのは引越しのやることの中で一番重要なことです。

【大手引っ越し業者の比較】

 

大手有名引っ越し業者の費用の比較を見てみましょう。(3人家族の引っ越しでの比較)

1 アート引っ越しセンター
→11万円

2 サカイ引越センター
→95000円

3 アーク引越センター
→75000円

4 アリさんマークの引っ越し社
→88000円

※あくまでも基本の金額です。他のプランの違い、引越し距離の違いで差額は変わります。

ヤマト運輸やアート引っ越しセンターは、あまら値切りをしてくれません。
アリさんマークやサカイ引越センターは、以外に値切りをしてくれます。

《費用だけで選ぶなら》

安く引っ越しをしたいなら、前述したやり方があります。オプションなどのダンボール無料などは、どこの引っ越し業者にもあるようです。

また、一番高いのはアート引っ越しセンターですが、高いなりのキメ細やかな対応などが良いという事で、リピーターは結構いるようです。

自分のニーズに合わせた引っ越し業者を選択するのが一番良いでしょう。